台湾を代表するヘヴィメタルバンド CHTHONIC(ソニック)

広告

台湾に沢山ヘヴィメタルバンドが存在しますが、

群を抜いて世界的にも有名なヘヴィメタルバンドがCHTHONIC(ソニック)です。

メンバー

フレディ ヴォーカル

ジェーシー ギター

ドリス ベース

ダニー ドラム

CJ キーボード

中国語でのバンド名が、閃靈樂團(シャンリン・ユエトゥアン)

英語名はCHTHONIC(ソニック)となります。

1995年台湾台北市にて、ヴォーカルのフレディを中心に結成。

幾度のメンバーチェンジを経てこれまで9枚のアルバムを発表。

台湾語で歌うのも好印象です。

※台湾語は難しいので、台湾人でもみんながみんな話せるわけはありません。

※例 こんにちわ→ 中国語 ニーハオ  台湾語 リーホウ

日本にも何度も来日し、日本でも根強いファンをもつCHTHONIC!

私も大ファンです。

このバンドを音楽のジャンルで言うと、ブラックメタルでしょうか。

一般的に、ヘヴィメタルバンドの曲はテレビなどのメディアに大きく取り上げられないので、老若男女広く知られません。

しかし、年齢を問わず、CHTHONIC(ソニック)の事を知っている台灣人は多いです。

激しい音楽に、加えて見た目が怖いビジュアルなのに、
なぜ彼らは、有名なのでしょうか。

・ヴォーカルが、台灣の国会議員

台灣独立を掲げるバンド

・音楽は激しいヘヴィメタル 歌詞は歴史関連

などなど、このバンドは個性的過ぎます。

特に、ヴォーカルのフレディがバンドをしながら、国会議員として活動しているのは珍しい出来事です。

↓ライブ時のフレディ

↓仕事中のフレディ 選挙ポスター

ただの、ヘヴィメタルバンドではない閃靈樂團

度々、世界各国から取材を受けています。

曲だけを聞けば、怖いイメージを持ってしまうかもしれません。

閃靈樂團-烏牛欄大護法 (youtube動画)

https://www.youtube.com/watch?v=Wil6crOV6DU

この曲のコメント欄に

ファンからこんなメッセージが載せられていました。

閃靈唱的不只是metal而已,而是唱出了臺灣的歷史

閃靈が歌っているのは、ヘヴィメタルだけではなく、

台灣の歴史も歌っている。

まさにその通りだと思います。

ヴォーカルのフレディとベーシストのドリスは夫婦であり、子供もいます。

そのほかのメンバーも全員結婚しており、家庭があります。

ドラムのダニーの結婚式

キーボードのCJ

ギターリストのジェシー

10年前に比べれば、CHTHONIC(ソニック)のライブなどのバンド活動が減っています。

しかし、ヴォーカルのフレディは、CHTHONICの活動は辞めないと宣言しています。

これからのCHTHONICの活動を楽しみに待ちましょう!

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA