モトリークルー ライブレポート!@神戸ワールド記念ホール 2/15/2015

  • URLをコピーしました!

広告

モトリークルーのラストツアーで、日本初日公演となった2015年神戸公演に行ってきました。ただ2019年にモトリークルーは復活したため、事実上ラストツアーにはならなくなりました笑 

そういえば、KISSも2019年に最後となる日本のライブをしたのですが、結局2022年に東京ドームでライブが決まりました。 全く同じですね。笑

解散後モトリークルーはTHE DIRTという自伝を元にした映画を発表しましたが、KISSも今後可能性があるかもしれませんね(冗談です)

ファイナルツアーの会見

私が行った日は、

2015年2月11日(水・祝)神戸ワールド記念ホールでした。

そもそも前回の来日公演があった2011年に日本で

ライブハウスツアーがあるということで東名阪でモトリークルーはライブしていましたね。

本当は私もこのライブに行きたかったのですが、

このツアーに札幌公演が含まれていなかったので、(調べたら前回の札幌公演は2000年だそうです)

札幌に住んでいた学生の私は行けずに悔しかったのを覚えています。当時はまだ遠征してまでライブに行く考えがありませんでした。

地方住みはこういう時辛いですね。。。。

かっこいいフライヤー

あれから、4年後

モトリークルーが再来日決定のニュースを目にした時は、とても興奮しました。

<モトリー・クルー来日公演2015>
2015年2月11日(水・祝)神戸ワールド記念ホール
2015年2月12日(木)日本ガイシホール
2015年2月14日(土)さいたまスーパーアリーナ
2015年2月15日(日)さいたまスーパーアリーナ
2015年2月17日(火)福岡国際センター

メッセージ動画

2015年は奈良県に住んでいた私は神戸公演の参加を決意!

今回で、モトリークルーが最後の来日となる。。。

当時の宣伝文句がこちら。

「これが最後と高らかに宣言したモトリー・クルー、ファイナル・ツアーの日本公演が決定!

これまでにない演出でファンを魅了してきたバンドが最後に見せてくれるステージは見逃せない!全音楽ファン必見!」

2015年2月11日(水・祝)神戸ワールド記念ホール

アリーナ・スタンディング / スタンド指定:各¥13,000(税込)

プレミアム・スタンディング゙:¥30,000(税込/グッズ付)

開場は16時。

開演時間が17時でした。

会場に到着後

物販でツアーTシャツと、パンフレット、さらにポスターを購入。

ポスターはかなり大きいサイズでかっこいいですね。確か千円でした。良い買い物でした。

個人的にはライブでツアーパンフレットを購入したのは初めてでした。

完全にモトリークルーがこれから見れなくなるのが悲しくて記念に買った記憶があります。笑

私はスタンド指定席注釈チケットを購入。

要するに、ステージ横寄りの席になる為、ステージの演出が見えにくいという席です。

当日、実際に席に行くと確かにステージ横ですが、だからといってステージが見えにくい事はなかったです。

逆にベーシストのニッキーシックスを近くで見る事ができて、良かったです。

(この記事を書いていて2019年に行った埼玉スーパアリーナのU2の公演の時はステージ横の席はステージがあまり見えなかったのを思い出しました)

さてさて、お待ちかねのライブ。

一曲目からテンションがぶち上がる曲Saint of Los Angeles でモトリークルーのライブスタートです!

Motley Crue – Saints of Los Angeles (Live – Crue Fest)

2曲目はWILD SIDE!!

ファンの中でも好きな曲で上位に入る曲ではないでしょうか。

私も大好きで、2曲目からこの曲でびっくりでした。叫ばずにはいられない名曲です。

Same Ol’ Situation (S.O.S.)も炸裂!

初期の歌で外せないLooks That Kill

こうしてオリジナルメンバーで生でライブを体験できるのは最高ですね!

その後も次ぐ次とモトリークルーの代表曲が演奏されていく中、

今回のツアーの目玉はなんと言っても

ドラムのトミーリーが持ち込んだ、ドラムセットでした。

アリーナの中央まで伸びるドラムコースター

移動式ドラム。。。

言葉では、伝えにくいので、

当日の映像をどうぞ。笑

Mötley Crüe – Tommy Lee Drum Solo (Japan Kobe 2015/2/11)

スケールが半端ないです。このセットは海外から持ち込んだものだそうです。

くるくる回っていて、見てて楽しいですよね。

EDMの音楽に合わせてバチバチにドラムを叩いてます笑 そういえば、トミーリーのソロアルバム(2002年発表)もかなり凝ったデジタルサウンドを体験できるのを思い出しました。

そして

アンコールでは

トミーがピアノで、Home Sweet Homeのイントロを弾き、

ヴォーカルヴィンスの豊かな声が響き渡り、また客席後方にもステージがありメンバーはここでファンとの別れを惜しむかのように力一杯演奏していました。

演奏終了後、フランクシナトラの「My way」が流れ、メンバーがステージ袖へ引き上げました。

客席からは、拍手が起きていました。

名バラードがあるバンドは強いですね。

私自身、そう感じた夜でした。

1980年代LA メタルの全盛期のトップに君臨していたバンドを生で見れて良かったです!

この神戸公演を収録したブートレッグCDはネットで買えますので、これからもっと余韻に浸ろうと思います。

2015年2月11日(水・祝)神戸ワールド記念ホール

セットリスト

1 Saints Of Los Angeles
2 Wild Side
3 Primal Scream
4 Same Ol’ Situation
5 Looks That Kill
6 On With The Show
7 Too Fast For Love
8 Smokin’ In The Boys Room
9 Mutherfucker Of The Year
10 Anarchy In The U.K.
11 Dr.Feelgood
12 Shout At The Devil
13 Don’t Go Away Mad
14 Drum Solo
15 Guitar Solo
16 Live Wire
17 Too Young To Fall In Love
18 Girls,Girls,Girls
19 Kickstart My Heart
アンコール
20 Home Sweet Home

関連記事

その他、来日公演ライブレポート

是非、IKKI RECORDSのTwitterのフォローをよろしくお願いします!細かい情報はここで更新しています。

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA