次世代ジャズピアニスト! ロバートグラスパー 来日決定!

広告

ジャズ界の異端児と言われています、アメリカ人のジャズピアニストロバートグラスパー!

レコーディングプロデューサーでもあります。

2012年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を、アルバム『Black Radio』で獲得。

 

ジャズ界に新しい旋風を巻き起こしています。

 

私個人としては、ロバートグラスパーの弾くピアノを聴くと、和みます。

 

 

 

最近、私も彼の

新作も購入しましたが、とても良い作品でした。

 

 

ロバートグラスパーは、2020年、5月に来日公演が決定しています。

フェスティバルに出演の予定だそうです。

 

予告動画

 

公式PR文

 

至上の愛と至福の音楽体験を―。

新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」日本上陸。

 

「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」は2013年に始まったヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバルであり、毎年7月にイギリスのイースト・サセックスで開催されている。伝統的なジャズフェスティバルとイギリスのキャンプ文化が融合した空間のなかで、ジャズ、ソウル、ファンクを横断する洗練された音楽を楽しむことができ、“The Guardian”紙をはじめとしたイギリスの主要紙から五つ星を付けられる等、上質な音楽を体感できるフェスであると高い評価を得ている。

そんな「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」が2020年5月、日本に上陸する。“ラヴシュプ”を合言葉に、東京・豊洲エリアでの開催が決定。

今回記念すべき初開催となる会場は、東京・新豊洲のライヴハウス“豊洲ピット”と隣接するフットボールコート“MIFA Football Park”。スタンディングエリアに加えてVIPシートも用意された“豊洲ピット”では、国内外の豪華アーティストによるライヴ・パフォーマンスが行われ、フードやドリンクが用意された“MIFA Football Park”では生のジャズ演奏やDJプレイを無料で楽しむことができるとあって、充実した音楽空間を体験できそうだ。

2020年、新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」日本上陸。初夏の風と緑を感じながら、東京・豊洲で「至上の愛と至福の音楽体験を―」。


LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2020
2020年5月9日(土)、5月10日(日)13:00 OPEN / 14:00 START
東京・ 豊洲PIT、MIFA Football Park

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA