CDショップという夢

広告

中2だった14歳の夏、私はボンジョヴィとマイケミを聴くようになり、特にボンジョヴィにハマった。

CDを買いにコーチャンフォー新川店へ。

https://www.coachandfour-shinkawa.jp/

ボンジョヴィの在庫も多く、興奮した。

気がつけば1時間半以上ボンジョヴィのCDを眺めていた。

あの出来事以来私は、CDショップに夢中であります。

休みの日、ジムで運動したり、美味しいごはんに食べに行っても特に都内だとCDショップもついつい行ってしまう。都内のCDショップは在庫豊富で好き。

学生時代、タワレコでアルバイトしたことがありましたが、「買うと売る」の違いが分かり、半年で辞めた。

自分はやっぱり買うのが好きなんだ!そう思った20歳でしたが、24歳の時アジアンミュージックを日本に広める気持ちが強くなりIKKI RECORDSを始める。その時に売る気持ちも強くなった。

そう、今なら、CDショップを始める気持ちは整っていると言える。

あとは、他店との差別化、ストリーミングの時代でも、CDを売る勇気はある。

お店を出すなら、まずは、アジアンミュージックの強化したい。

タワレコ新宿店でのC-POPの在庫はこんな感じ。

タワレコの渋谷店のC-POPコーナ

10年前とあまり変わりのないアーティスト名のラインナップ。そして在庫の少なさ。

都内で、タワレコのメインと言ってもいいほどの大規模渋谷店、新宿店でこれはまずい。

K-POPに押されまくっています。

タワレコの渋谷店ではK-POPワンフロアで展開する規模なのに。。

タワレコの渋谷店のK-POPコーナ

最近はIKKI RECORDSがCDショップを展開する夢をみています(笑)

いつ叶えられるか。。。

まだブログで書けないことも多いですが、色々と考えています。

CDを聴く機器を持ってる人も減って、CDを買ってもデータとして取り入れてCD自体は用無しになっているのも事実。

一般受けしないことをあえてやるのも覚悟が必要ですね。。。

いつお店できるかなぁ~。

そういえば、HMVレコード新宿店での、アーティスト名の横に写真あるのいいなぁ。

参考になる!!

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA