5月2日に毎年思うこと

広告

5月2日と言われると、毎年グッと来るものがあります。と同時に嫌な日でもあります。

そうです、日本のロック界の重要人物である

hideさんは1998年に33歳、清志郎さんは2009年に58歳にそれぞれ亡くなった日です。

個人的には特に、2009年5月2日に強い思い入れがあります。

この日は私が初めてギターを触った日なんです。

ギターを仕事にしている親戚にギターを教えてもらい、新しい世界に飛び出たのでした。

ギターの弦を押さえた指が痛かった思い出があります。

清志郎さんの話もこの時した思い出があります。

hideさんに関しては、中学生、高校生の時に、私はとても影響を受けました。

19歳の時、念願のhideモデルギター、イエローハートのギターを買いました。

ライブでも使用した事もあり、今でも私の大切なギターの一本です。

神奈川県横須賀市に行き、お墓参りにも行きました。

そこでhideさんが当時行っていたCDショップ(現在閉店)にも行き、hideさんの直筆サインを見た記憶があります。

5月2日はお酒を飲みながら、悲しい記憶を癒そうと思います。

映像を見ながら。。。。

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA