北の大地にギターの神が降臨!ライブレポート! マイケルシェンカー 札幌公演

広告

近年、マイケルシェンカーの札幌公演といえば、

2006年、2015年、2018年でした。

 

マイケルシェンカーは、、ドイツ出身のハードロックギタリストです

かつて、白と黒の2色で塗り分けられたギブソンのギター「フライングV」を使用。

日本ではアルバムの邦題から「」とも称されています。

今回のライブレポートは、

2018年の札幌公演です。

 

そもそも、マイケルシェンカー・フェストとは何か。

ホームページによると、

 

ゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マッコーリーという、マイケル・シェンカー・グループ(MSG)の歴代シンガーが集結するマイケル・シェンカー・フェストはライヴ・プロジェクトとして始動。

2016年8月の日本公演は大反響を呼び、『LOUD PARK 17』のヘッドライナーとしての再来日も実現した。そして2018年、マイケル・シェンカー・フェスト名義での初のスタジオ・アルバムとなる『レザレクション』が完成。

 

ゲイリー、グラハム、ロビンに加えて、マイケルのもうひとつのバンド、テンプル・オブ・ロックの一員であるドゥギー・ホワイト(ヴォーカル)が合体した4人ヴォーカル体制。

さらに1980年代、黄金時代のMSGを支えたクリス・グレン(ベース)、テッド・マッケンナ(ドラムス)という鉄壁のリズム・セクション、

そしてマッコーリー・シェンカー・グループにも在籍したスティーヴ・マン(ギター/キーボード)という、最強の布陣が揃っている。

それに加えてテンプル・オブ・ロックのウェイン・フィンドレイ(ギター/キーボード)、マイケル・フォス=シェーン(ギター/ヴォーカル)、そしてマイケルから多大な影響を受けたメタリカのギタリスト、カーク・ハメットがゲスト参加。

UFO、スコーピオンズを経て1980年、自ら率いるMSGを結成してからのマイケルの集大成といえる作品となっています。

 

 

2018年1月に

私は、東京の渋谷でマイケルシェンカーのトークイベントに参加した事があります。

 

 

 

マイケルシェンカーフェストについて、詳しく説明していましたね。

 

 

2018年はマイケル・シェンカー・フェストとしてのワールド・ツアーも敢行。

 

【マイケルシェンカー日本公演2018年】

2018年8月29日(水)7時 大阪:Zepp Namba
2018年8月30日(木)7時 名古屋:Zepp Nagoya
2018年9月 2日(日)5時 札幌:Zepp Sapporo

2018年9月 4日(火)7時 仙台:チームスマイル・仙台PIT

2018年9月 5日(水)7時 東京:東京国際フォーラム ホールA

 

来日メンバー

Michael Schenker (G)
Gary Barden (Vo)
Graham Bonnet (Vo)
Robin McAuley (Vo)

Doogie White (Vo)
Chris Glen (B)
Ted McKenna (Dr)
Steve Mann (G/Key)

 

2016年にマイケルシェンカーファスト札幌公演があり、

 

残念ながら個人的に都合がつかず、来日公演に行けてなかったので、

 

マイケルシェンカーフェストの来日公演が2018年に、再度実現してくれて、うれしかったです。

 

しかも、私の地元、札幌です。

 

 

私は、公演3日前にライブチケットを購入したのですが、入場番号は、600番台。

 

ライブ会場となっている、ZEEP SAPPOROへ到着後、

 

実際、お客さんも、600人ほどでした。

 

客層は、男女の比率は、9:1の割合で、男性が多め。

 

年齢層も、高めでしたが、ライブが始まると、とても熱い熱気に会場は包まれました。

 

個人的には、いつもアンコールで演奏しているのに、

3曲目に、彼の代表曲Doctor Doctorをセットリストに、入れてくるところに、

今回のライブの余裕さを感じました。

 

Michael Schenker Fest – Doctor Doctor intro (Live in Sapporo 2016)

↑2016年、札幌公演での映像ですが、とても盛り上がっていますね。

 

 

今年はマイケル・シェンカー・フェストとしての新作アルバムを完成させ、

マイケル・シェンカーズ・テンプル・オブ・ロックで活動をともにしたドゥギー・ホワイトも加えて総勢4人のボーカリストが参加しており、

その編成を反映させた今回のコンサートは、素晴らしかったです。

 

個人的には、今回のニューアルバムの中でも気に入っていた、

この曲が聴けて良かった。

Michael Schenker Fest – Take Me To The Church (2018)

 

 

また、豪華ヴォーカル陣でした。

そりゃそうでしょう。

マイケルシェンカーが認めた実力のあるヴォーカリストばかり。

過去に、一緒に仕事をしてきた仲間が、一気に集結し、ライブを披露してくれているのです。

本当に、贅沢なライブでした。

 

グラハムボーネットも、70歳を超えても、とてつもなく、伸びのあるハイトーンが印象的でした。

ただ、外見だけ見ると、タモリにしか見えなかったのが、個人的には、ツボでした。

 

 

マイケルシェンカーフェストコンサート。

 

新譜からのフレッシュなナンバーを適度に挟みつつ、次々に代表曲を演奏。

約二時間半、この長丁場を、ほとんど休憩らしい休憩もとらず、弾き続けるマイケルシェンカー。

かっこよかった!

 

セットリスト 札幌公演2018年9月2日

01.Intro

02.Holiday

03.Doctor Doctor

04.Band Intro

05.Live and Let Live

06.Vigilante Man

07.Lord of the Lost and Lonely

08.Take Me to the Church

09.Before the Devil Knows You’re Dead

10.Into the Arena (Instrumental)

11.Bad Boys

12.Save Yourself

13.Anytime

14.Heart and Soul

15.Love Is Not a Game 16.Warrior

16.Captain Nemo (Instrumental)

17.Dancer

18.Desert Song

19.Night Moods

20.Assault Attack

21.Searching for a Reason

22.Coast to Coast

23.Ready to Rock

24.Attack of the Mad Axeman

25.Rock My Nights Away

26.Messin’ Around

27.Armed and Ready

28.Rock Bottom

—encore—
29.Shoot Shoot

30.Natural Thing

31.Lights Out

 

また、

私自身、マイケルシェンカー本人と

直接お話する機会がありましたが、

 

マイケルシェンカーは、終始笑顔で、気分も良いような印象を受けました。

 

 

 

ここ、最近、マイケルシェンカーの活動ペースは、安定していて、新曲も発表し続けています。

 

1970年代から活躍しているアーティストの底力さえも感じますね。

 

2020年も、マイケルシェンカーフェストの開催は発表されており、

日本公演もありです。

 

マイケルシェンカーフェスト2020

 

【東京公演】

●Day1 3月10日(火)東京国際フォーラム ホールA

●Day2 3月11日(水)東京国際フォーラム ホールA

OPEN 6:00PM / START 7:00PM

前売¥12,000(税込・全席指定)

【大阪公演】

●Day1 3月12日(木)大阪:Zepp Namba

●Day2 3月13日(金)大阪:Zepp Namba

OPEN 6:00PM / START 7:00PM

前売¥12,000(税込・1Fスタンディング・ドリンク代別途)

 

 

マイケルシェンカーは、何十回も日本に来てくれて、本当ありがたいですよね!

 

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA