MENU

台灣音楽との出会い

2020 1/13
台灣音楽との出会い

広告

私が台灣音楽と出会ったのは15歳。

 

深夜に北海道テレビで、台灣ドラマ、イタズラなKISS(原作は日本)を放送していました。

 

 

 

そこで初めて、台灣音楽を知り、台灣の事が大好きになりました。

 

イタズラなKISS(惡作劇之吻)のオープニング曲Say U Love Me の中国語が、新鮮に聞こえて、私は台灣音楽へと、ハマっていくのでした。

 

 

 

その後17歳の時に、台灣旅行をはじめ、20歳の時に一年間台灣へ語学留学。

 

台灣に住んでいる時、このSay U Love Meを何度も聞きながら、散歩したり、台灣でこの曲を聞ける喜びを噛み締めていました。

 

とにかく、この曲は私にとって、台灣を教えてくれた曲、台灣を好きになった15歳の自分を思い出す、かけかげえのない曲なのです。

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA