ライブレポート!CARCASS@THE WALL TAIWAN 10/7 2015

広告

カーカスのライブに行ってきました!

カーカスとは、1985年に結成したイギリスのバンドです。

スピード感のあるサウンドと激しいドラム、

デスヴォイスで畳みかける音楽はヘヴィメタルファンの間でも好評ですね。

スウェーデンのメタルバンド、

アーチーエネミーのギタリストであるマイケルアモットも

カーカスから誘い受けてカーカスのメンバーだったこともあります。

私が行った台湾でのライブ時には残念ながらマイケルアモットは既に脱退していたので、

せっかくならマイケルアモットがいるカーカスが見たかったのが本音です(笑)

マイケルアモット在籍時のカーカスのライブ映像

さて、私が行った日は2015年の台湾公演でした。

カーカスの台湾公演が発表されたのは公演日より1ヶ月前でした。

10月7日のライブで、チケット発売開始日が9月9日でした(笑) けっこう急ですよね。

カーカスライブ告知ページ

台湾公演の発表を知った私は、台湾のファミリーマートでライブチケットを購入。

因みにチケットの値段は1200台湾ドル(約4200円)

場所は、台北THE WALLライブハウス。

当時私が住んでいた家から自転車で10分程でした。 とても近い!

オープニングアクトに2バンド出演していました.

まず1バンド目

台湾のバンドEMERGING FROM THE COCOON 破繭而出

強烈なサウンドに、歌詞の中国語が相まってとてもかっこいいです!

2バンド目は日本からのバンドHYDROPHOBIA 

とにかく激しかったです。そして歌うマイクの位置も低かったです。

バンドやっていて、海外でカーカスと対バンなんて良いですねぇ。

さて、お次はトリのカーカスです。

ちなみに、カーカスはライブ前日に台湾へ到着。

その後プロモーターと一緒にお酒を楽しんでいたそうです。

プロモーターが写真を公開。

ライブ当日は平日の水曜日でした。

残念ながらライブの客入りは200名以下。

800名のキャパはあるライブハウスだったので、ガラガラでした。

かなり遅れて入場した私でも最前列でライブ見る事ができました!(笑)

最前列でライブを見るのは久しぶりでした。

私は、ギタリスト、ベンアッシュの目の前でライブを見ていました。(残念ながら2018年にカーカス脱退)

CARCASSは当時の最新アルバムから数多く演奏しており

最新作を聴き込んでいた身としては嬉しかったです!

最前列でヘヴィメタルのライブを見ていたのに

あまり暴れるお客さんがいなかったのもあり、落ち着いてカーカスのライブを楽しめました。

本来であれば、もっと激しく楽しめるはずなのですが。。。

カーカスはギターのサウンドがノレるリフが多いので、聴いていて思わず体が揺れます。

CARCASS 当日のライブ映像

上手の最前列で、頭を振りライブを楽しんでいる私の姿を確認できました(笑)

個人的に面白かったのが最前列の柵前にいるカメラマンが

バンドを撮影しては頭を振り、撮影しては頭を振る姿を繰り返していたのが面白かったのを覚えています。

そのヘドバンカメラマンが撮影したキレッキレのポーズを見せるベースヴォーカルのジェフウォーカー

台湾公演を終えたCARCASSは

10月11日(日)には日本のヘヴィメタルフェス「ラウドパーク」へ出演していました。

セットリスト

ライブチケット。

そして、当日私が撮影した写真とポスターを額に収めました。

カーカス台湾公演を行ってくれてありがとう!

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA