プラハチェロカルテット 2020年 北海道公演決定!

広告

海外アーティストによる札幌公演決定のお知らせです!

魂をゆさぶるサウンドの迫力、時に見せる優しい響き、チェロの魅力が満載で見ていて楽しくなる。

凄腕の4人が魅せる、切なく可笑しくスリリングな超絶パフォーマンスが話題のプラハチェロカルテット

 

 

音楽の都プラハで学んだ4人の凄腕たちによるユニークなチェロ四重奏!

珠玉のクラシック/ポップス/映画音楽のヒット集をチェロの魅力満載でお届け。

2019年札幌公演完売につき早くも2020年公演決定!!

 

The Phantom of the Opera – Prague Cello Quartet [Official video]

 メンバー

ペトル・シュパチェク(チェロ) Petr Špaček, cello

1988年生まれ。プラハおよびボストンの権威あるニューイングランド音楽院で学ぶ。プラハ放送国際コンクール入賞。これまでソリストとして、プラハ交響楽団、プラハ放送交響楽団等々のチェコ国内の主要オーケストラと共演した。これまでヨーロッパ、北米。アジアの各地で演奏している。

ヤン・ズヴェジナ(チェロ) Jan Zvěřina, Cello

1987年生まれ。プラハ音楽院卒業。多くの国際コンクールで上位入賞を果たす。ドレシャル弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍。ソリストおよび室内楽奏者としてイタリア、ドイツ、オーストリア、ポーランド、ウクライナ、リトアニア、ベルギー等々のヨーロッパ各地で演奏した。

ヤン・ゼーメン(チェロ) Jan Zemen, cello

1985年生まれ。プラハ舞台芸術アカデミーならびにルツェルン音楽大学で学ぶ。権威あるチェコの音楽院コンクールで優勝。ソリストとしてチェコ国内各地のオーケストラと共演。プラハ舞台芸術アカデミー在学中からパルドゥビツェ音楽院にて著名教師として後進の指導にあたっている。

イワン・ヴォカーチ(チェロ) Ivan Vokáč, cello

1987年生まれ。プラハ舞台芸術アカデミーで学ぶ。2011年プラハ音楽院ドヴォルザーク協奏曲コンクールで優勝し、音楽院創立200年記念開幕コンサートでソリストを務め、その模様はチェコ国営放送でオンエアされた。2014年からはチェコ・フィルの団員としても活躍している。

 

 

キョードー札幌で記載されていた彼らの紹介文はこちら。

【プラハ・チェロ・カルテット】
メンバー各人が国内外の音楽祭や演奏旅行で経験を積み、10を超える多くのコンクールの受賞歴を持つ。4人が好きな曲を持ち寄り自ら編曲するスタイルにより、クラシックの定番曲からジャズ、ポップス、映画音楽に至るまで何でもありのレパートリーを誇っている。伝統ある国立劇場やチェコ・フィルの本拠地ルドルフィヌム等の普通のコンサート会場はもとより、広場、路上、橋の上など、場所を選ばず果敢にライブ演奏を敢行、多彩なプログラムとユーモアに満ちた個性的な4人のダイナミックな演奏とサービス精神溢れるパフォーマンスで、文字通り子供から大人まで多くの聴衆の喝さいを浴び、世界各地からの出演オファーが殺到している。多くのオーケストラとの共演、放送出演、音楽祭や演奏旅行と多忙な日々を送りながらも権威あるドヴォルザークホールでCD録音、2014年デビューCD「トップ・シークレット」をリリース。2016年初来日。
2019年北海道札幌公演では札幌コンサートホールKitara・大ホールにてチケットが完売。会場を大いに沸かせた。
2020年7月早くも2度目となる札幌公演が決定。そして道内ツアーとして旭川市、音更町、釧路市、道内計4か所を駆け抜ける。

 

【札幌公演】
日時:2020年7月1日(水) 開場18:00 / 開演18:30
会場:札幌コンサートホールKitara・大ホール(札幌市中央区中島公園1-15)
料金:S席¥3,900 / A席¥3,400 (各税込 / 全席指定)
備考:※未就学児入場不可。

【旭川公演】
日時:2020年7月2日(木) 開場18:00 / 開演18:30
会場:旭川市大雪クリスタルホール・音楽堂(旭川市神楽3条7丁目)
料金:S席¥3,900 / A席¥3,400 (各税込 / 全席指定)
備考:※未就学児入場不可。

 

2020年7月3日(金) 音更町文化センター
  お問合せ:0155-31-5215
2020年7月4日(土) 釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」大ホール
  お問合せ:0154-24-5005

 

チケットの情報など

詳しくは招聘元のキョードー札幌をご覧ください。

https://www.kyodosapporo.com/product-list/53

 

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA