私の大好きなアルバム ボンジョヴィ- クロスロード

広告

私が、ロックを好きになった思い出のアルバムが3枚ありまして、

今でも大好きなアルバムです。

いずれも、14歳の自分が、出会ったアルバムがこちら。

 

今回はそのうちの一枚を紹介しようと思います。

 

ボンジョヴィ クロスロード(1994)

 

 

 

 

デビュー10周年を迎え、1994年に発売された、ボンジョヴィのベストアルバムです。

 

日本では、150万枚を売り上げ、オリコンチャート1位を獲得。

 

全世界では、1500万枚以上の売り上げを記録。

 

収録曲

1. Livin’ On A Prayer
2. Keep The Faith
3. Someday I’ll Be Saturday Night
4. Always
5. Wanted Dead Or Alive
6. Lay Your Hands On Me
7. You Give Love A Bad Name
8. Bed Of Roses
9. Blaze Of Glory
10. Prayer ’94 ※日本版のみTokyo Road / ヨーロッパは In These Arms
11. Bad Medicine
12. I’ll Be There For You
13. In & Out Of Love
14. Runaway
15. Never Say Goodbye

 

 

このアルバムに出会ったきっかけ

 

たまたま、家にこのアルバムがあり、聴いたのが、きっかけです。

 

発売当時、父親が買っていたんですね。

 

初回限定盤であったため、60ページのブックレットが付属してあり、

 

ボンジョヴィの写真を眺めながら、私はとてもボンジョヴィに憧れていました。

 

若い頃のリッチーサンボラは美しいなぁ!

 

毎朝、少し早く起き、このアルバムを聴き、気持ちを上げてから、中学校に登校する日々が続きました。

 

ほんと元気もらいました。

 

新しい世界を知ったという感情もありましたね。

 

英語も、ボンジョヴィの歌詞を見て勉強していたので、

 

学校での英語の授業はあまり、好きになれませんでした。

 

 

クロスロードのジャケットを見ると、あのころの気持ちが蘇り、私の青春のアルバムとなっています。

 

BonJovi – Always

 

ミュージック・ビデオを収録しているDVDもよく家で見ていました。

 

Dry countyのミュージックビデオ好きだなぁ。

 

Bon Jovi – Dry County

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA