Greta Van Fleetがカッコよすぎる!

広告

IKKI RECORDSのブログの読者から、こんな声を頂きました。

「 札幌にGreta Van Fleet を呼んでほしい」

ふむふむ。

Greta Van Fleet をチョイスするところに、センスを感じました。

彼らの音楽を聞いているとレッドツェッペリンを彷彿させる初期のロックな衝撃を受けます。

 

今回は. 台灣でも香港でもなくアメリカのバンドを紹介です。

 

 

メンバー

ジョシュ・キスカ (ヴォーカル)

ジェイク・キスカ (ギター)

サム・キスカ (ベース キーボード)

ダニー・ワグナー (ドラム)

 

 

 

米ミシガン州の人口5,000人の町で生まれ育った平均年齢20歳の4人組。

2017年4月にデビューEP「ブラック・スモーク・ライジング」配信リリース、アメリカとカナダのiTunesロック・チャートで1位!5月にザ・ストラッツの全米ツアーのサポート・アクトでツアー・デビューするや否やアメリカのロック・メディア&ロック・ファンが大絶賛!全米クラブ・ツアーも決まりソールド・アウト続出!そして9月、シングル「ハイウェイ・チューン」がついに全米ロック・ラジオ・チャートを制覇!

 

ザ・ストラッツの全米6公演のサポート・アクトでツアー・デビュー。
若手ロック・バンドの中で今最も支持を集めるザ・ストラッツとのツアーは大好評で、6月以降もアメリカでのライヴやフェス出演が続々決定。その後の2017年の42公演はすべて事前にソールド・アウト&追加公演続出、会場規模も拡大。

9月、デビュー・シングル「ハイウェイ・チューン」が全米アクティブ・ロック・ラジオ・チャート&ビルボード・メインストリーム・ロック・ソングス・チャートで1位となり、その後5週連続1位の座に。10月、米Rolling Stone誌が“今知っておくべき新人アーティスト10組”の一つにピックアップ、ロック・メディアのLoudwireが“Best New Artist 2017”に選出。
11月10日、「ブラック・スモーク・ライジング」の4曲と新録4曲を収録した8曲入ダブルEP「フロム・ザ・ファイアーズ」リリース、ビルボード・ハードロック・アルバム・チャート初登場1位に(2017/12/2付)。日本ではTOWER RECORDS“タワレコメン”2017年11月度・洋楽編に選出されました。
2018年1月、セカンド・シングル「サファリ・ソング」も全米ロック・ラジオ・チャートTOP 5入り、英KERRANG!誌の“HOTTEST BANDS OF 2018”号に登場!

 

私の大好きなモトリークルーのニッキーシックスもGleta Van Fleetを大絶賛。

自分の番組にもGleta Van Fleetに出演してもらうほど、彼らに惚れています。

 

 

今年初来日公演を成功させたGreta Van Fleet

次のアルバムが楽しみです!

 

 

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA