COLDRAIN香港/台湾公演をキャンセル

広告

なぜ? COLDRAINの香港/台湾公演キャンセルを原因を考えてみます。

世界的に知名度のある日本のロックバンドCOLDRAINが

今月末開催予定であった香港と台湾での公演中止を発表しました。

 

COLDRAINのオフィシャルコメントによると、

香港/台湾への出演オファーを出した会社による無断の内容変更となっています

 

香港公演に関しては、チケットがソールドアウトしていました。

そんな状況の中、香港公演前日にCOLDRAINが中止を発表。

 

これは、海外アーティストの公演の中止でよくある

「興行ビザ」による問題は考えにくいです。

興行ビザの問題であれば、遅くとも一週間前には、入国できるかどうか答えが分かります。

 

もし今回、香港と台湾でのライブが開催されていれば、

COLDRAINにとって、確実に不利な状況でライブがあったということになります。

 

そうなると、やはり考えられるのは、金銭面のトラブルではないでしょうか。

 

香港と台湾までの、移動費、宿泊費、楽器の輸送費、興行ビザ代

 

 

例えば、興行ビザ代。

日本で、海外アーティストを日本にライブしに来てもらうようにお願いしても、

ビザ取得の必要ない観光ビザでは、入国できません。

 

仮に観光ビザで入国して、お金が発生するライブをすれば、

不法就労扱いされてしまいます。

 

 

過去に香港でも、

TTNG(from UK)とMylets(from US)というバンドが、香港公演にて

不法就労の疑いで、当局に拘束されました。それぞれUKとUSに帰国することに。

その後、香港の移民局での取り調べの為に

再度、香港へ戻らなくてはいけなくなったという事がありました。

 

 

 

素人が書類を揃え、入管管理局へ行って、

海外アーティストの興行ビザの申請を行うのは困難です。

 

なので、一般的には行政書士にお願いして、

海外アーティストの興行ビザの手続きをお願いします。

 

興行ビザを行政書士に代理でお願いするとしても、

一人につき約10万円を行政書士に支払います。

 

仮に5人組のバンドであれば、10万×5万=50万

プラス、バンド専属の音響スタッフなどいれば、人数が増えさらに費用がかさみます。

 

 

今回オファーした会社がCOLDRAIN側とどのようなやりとりをしていたのかは分かりません。

 

・興行ビザ代はオファーした会社が支払う?

・飛行機代や宿泊費はバンド持ち?それともオファーした会社側?

・チケットの売り上げは何%COLDRAINに還元される?

 

当然オファーした会社も利益を上げなくてはいけません。

 

オファーした会社が内容変更したと、COLDRAIN側が声明を上げているので、

上記に挙げた、いずれかがお互い食い違いが起きたと予測しています。

 

ビジネスで勝負している以上、難しい問題です。

ソールドアウトしているのに赤字をしてまで、COLDRAINがライブする必要があるのか。

 

COLDRAINのほか、ファンにも迷惑がかかってしまいます。

 

実を言うと、私自身も今週末に台湾の台中市に行って、

4年振りに山海屯音樂節(Heart Town Festival)を楽しむ予定でした。

 

COLDRAINの出演キャンセルは残念です。

 

 

 

如何でしたか?

 

今回のCOLDRAIN香港/台湾公演は、金銭面でのトラブルと考えられます。

これ以上、被害の出ないよう、祈るばかりです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA