大好きなアーティストに近づきたい!出待ちのコツは?

広告

誰もが、大好きなグループ、人物と近づきたい夢を持っています。

実際、SNS等で、憧れの人が、誰かと一緒に写真に写っているのを見ると、羨ましくなりますよね。

 

さて、この夢を叶える一つの手として、「出待ち」があります。

要するに、空港や、ホテル等、に出向き、好きなグループやアーティストにより近く触れ合おうというわけです。

 

 

実際、出待ちは、本人のプライベートを無視して、行う行為と言えます。

 

ファンに出待ちされて、嬉しい人もいれば、嬉しくない人もいるわけです。

なので、オススメはしません。

 

しかし、私自身、何度か大好きなアーティストとお話しができて

自分の夢を叶えてきました。

 

幾つか出待ちのコツや注意事項を書いてみます。

SNSの情報を欠かさずチェック

今好きなアーティストはどこにいるのか。

SNSでよく発信する人の場合、欠かさずチェックをします。

また、ファンの方も、SNSで何か有力な情報を発信している場合もあります。

 

空港職員に聞く

大物アーティストの場合、プライベートの飛行機で日本に来る場合があります。

その人が有名であればあるほど、空港職員が把握している場合があります。

 

会場の関係者用出口を探す

会場で出待ちをする場合、関係者用出口を探します。

出口から出てきたアーティストとお話しやすいです。

やばいファンは、付近に車やバイクを停めて、本人が乗った車と分かれば、追跡します。

 

本人が行くかもしれないお店を把握しておく

例えば大好きなアーティストが服など好きであれば、東京のケースで言えば、「原宿」に行く確率が上がります。

その場合、原宿で、張り込みます。

 

また、

「渋谷」もおすすめです。

 

外国人にとって、渋谷の交差点は、一度は行ってみたいもの。

来日したアーティストがよく、東京にいる場合、渋谷の様子をSNSをアップしていますね。

出待ちは迷惑行為

何度も言いますが、出待ちはオススメしません。

 

ジャニーズ事務所所属の、Hey! Say! JUMPが

 

日本でのライブをしばらくしない!と発表していました。

 

その理由が、ファンの過度な出待ちとの事です。

 

 「コンサートの移動時に、メンバーと会うために新幹線ホームに大挙して押し寄せ、発車が遅れてしまう、また移動中のメンバーを追いかけ回すなど、一部ファンのマナーの悪さが一般人に迷惑をかける事態に及んでいたことを考慮し、中止に踏み切ったそうです」

また、

「新潟公演を終え、メンバーが帰京する際、新幹線ホームにファンが殺到。東京駅にもファンは詰めかけており、大勢でホームを占拠。身体をぶつけられたり、足を踏まれた一般客が少なくなかったそうです」

 

 

アーティスト本人、また一般の方が迷惑しているなら、出待ちはすべきではありません。

 

好きな人に近づきたい気持ちも分かりますが、気を付けたいところです。

 

 

 

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA