CDケースの価値観

  • URLをコピーしました!

広告

先日、気になる中国、台灣のアーティストのCDを台灣からネットで注文。

日本とは違い、CDケースが中々凝った作りになっているので、今回はCDケースに焦点を当て、紹介したいと思います。

CDを買えば、普通のケースは下記のようなプラスチックケースだと思います。(ジュエルケース)

しかし、中国、韓国のアーティストCDを買えばプラスチックケースではない事が多いです。

例えば、台灣の法蘭黛樂團(ファーランダイ)というバンドのCDケースがこちら

赤い紐が付いています (笑)

お次は、周二珂(ジョウアァクゥ) という中国のアーティストCDケースがこちら

中を開けてみると

ポストカードやポスターが入っていました。

因みに普通のCDとDVDとで、大きさを比較してみたら。。。

周二珂のCDケースのほうがDVDケーうより大きいかったです笑

縦に大きいCD/DVD棚じゃないと、周二珂のCDは棚に入らなそうですね(笑)

サブスクやYouTubeで音楽を楽しんだりするのが今の時代だと思います。

CDを買う価値とはいったい何なんでしょうか。

今回ブログで紹介したように、普通のCDプラスチックケースではなく、

おしゃれに工夫されているCDケースだと、ダウンロード販売では味わえない価値を手にすることができます。

CDを買うからこその楽しみ方が、中国、台灣、韓国のCDケースはできると思います。

関連記事

是非、IKKI RECORDSのTwitterのフォローをよろしくお願いします!! 

細かい情報はTwitterで更新しています!

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA