玉置浩二に憧れて。。。

広告

北海道を代表するバンド安全地帯のヴォーカルである玉置浩二。

深みのある歌声に私はいつも癒されています。

私も高校時代から玉置浩二の歌を聴くようになって、年を重ねるごとにどんどん好きになっています。

さて、ブログタイトルである玉置浩二に憧れて。。。というのは、

最近、私はナイロン弦を張ったクラシックギターで語り弾きする玉置浩二の姿に胸を打たれ、

私もナイロン弦のクラシックギターを購入しました。

私が購入したギターは,Antonio Sanchez EG-1NTE 

最近日本で発売になったギターです。

購入場所は、東京の楽器街である御茶ノ水。

クロサワ楽器アコースティックギター専門館で購入。

小ぶりなボディー、ボディを叩いた音も拾えるマイクがついたナイロン弦を使用するクラシックギターを探して、今回Antonio Sanchez EG-1NTEを購入。

ネットで見つけた商品説明はこちら。

ナット幅48㎜のカスタム。AntoinoSanchezエレガット初級~中級モデル。
ステージやレコーディングでも問題なくお使い頂けます。

【AntoinoSanchez】
スペイン、ヴァレンシアの都市「パルテナ」の工房にて製作される、
極めて良質なクラシックギター。
ラインナップの多彩さと精緻な造り、
全モデルに通底するスペインギター伝統の美学などにより、
ヨーロッパをはじめとして世界中で愛されているブランドです。
選び抜かれた上質の材のみを用い、
熟練の職人たちにより丁寧に仕上げられたその楽器は、
初心者からプロギタリストまで幅広く愛用されています。

【音】
立ち上がりの良いまろやかな響き。
クラシックギターの中でも暖かい音色が楽しめる、
杉とマホガニーの組み合わせ。
クラシックギターらしい気持ちの良い音色を奏でます。
Fishman clasicaⅢ搭載でラインでの録音も可能。
ライブでもしっかりお使い頂けます。

【EG-1NTE/杉】
表板:シダー(杉)
横・裏板:マホガニー
指板・ブリッジ:エボニー(黒檀)
ナット幅:約48㎜
スケール幅:約650㎜
PriAmp(マイク):Fishman clasicaⅢ

ナイロン弦いいですよー。

指も痛くならないし、音が暖かいです。

何よりも、ずっと弾いていたくなります。

私は玉置浩二にいい影響を受けました^^

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA