MENU

私の大好きなアルバム ボンジョヴィ-ジーズデイズ

2020 4/26
私の大好きなアルバム ボンジョヴィ-ジーズデイズ

広告

私が、ロックを好きになった思い出のアルバムが3枚ありまして、

今でも大好きなアルバムです。

いずれも、14歳の自分が、出会ったアルバムがこちら。

 

今回はそのうちの一枚を紹介します!

 

 

ボンジョヴィ- ジーズデイズ(1995)

 

 

 

 

1995年に発売された、ボンジョヴィ通算6枚目のアルバム。

 

日本とイギリスで、オリコンチャート1位を獲得。

 

日本での本作の売り上げは、130万枚を記録。

 

全世界では800万枚以上CDを売り上げました。

 

収録曲

1. Hey God
2. Something for the pain
3. This ain’t a love song
4. These days
5. Lie to me
6. Damned
7. My guitar lies bleeding in my arms
8. It’s hard letting you go
9. Hearts breaking even
10. Something to believe in
11. If that’s what it takes
12. Diamond ring
13. All I Want Is Everything(国内盤のみ収録)
14. Bitter Wine(国内盤のみ収録)

 

 

なぜ私はこのアルバムが好きなのか

 

まずは、ギターを弾く身としては、このアルバムはギターがキレキレに冴えており、聴いていて、楽しいです。

 

また、ギターリスト、リッチーサンボラのハモリも最高ですし、いつも以上に彼の存在感が大きくて、ファンとしては嬉しいです。

 

 

 

アルバム3曲目に収録されているThis Ain’t A Love Songですが、

 

この曲を聴くと、私は一瞬で14~15歳に戻ります。(笑)

 

当時私は、部活、恋愛、勉強と色々悩んでいて、その時にThis Ain’t A Love Songの歌詞を見ながら聴くと

 

よし、明日も頑張ろう!と思えた、思い出の曲です。

 

大人になった今聴くと、

 

恋人を思うThis Ain’t A Love Songの歌詞が少し恥ずかしい気持ちにもなりますが、

 

当時中学生だった自分の心に響きました。

 

This Ain’t A Love Song

歌詞

 

気づくべきだった
バラが枯れた時 それが訪れたのを
見るべきだった
君の瞳の中に 夏の終わりを
聞くべきだった
君が言った「おやすみ」の中に「さよなら」を
ベイビー おかしいよね?
倒れ方も知らなかったなんて
君はしっかり立ってるつもりでも
本当は 膝から崩れ落ちてるんだ
分かってるふりをするのは愚かものだけど
君のために僕は その愚かものを演じてたんだ
君を想って泣いて 泣き明かした夜もあった
何度も 何度も否定しようとしたんだ
君の愛が僕を狂わせるということを ベイビー
君へと注いだ愛が消え去ったのなら
流した涙の川の長さが足りないのなら
僕は間違ってる、そうさ 間違ってる
これもラブソングなんかじゃない
ベイビー 君と僕なら
試練に耐えることができると思ってた
完全犯罪を犯して逃亡するように
だけど僕らは 僕の中だけのレジェンドだった
たぶん何も見えてなかったんだ
覚えてるかい
仮面舞踏会で踊った夜のこと
ピエロは消えることのない笑みをたたえてた
でも 君と僕は背教者だった
何かが決して変わらない
僕らのために それがどうしても欲しくて
僕はおかしくなってしまった
今となっては悲しいよね
手に入れたものがみな
とっておく価値がないなんて
君へと注いだ愛が消え去ったのなら
流した涙の川の長さが足りないのなら
僕は間違ってる、そうさ 間違ってる
これもラブソングなんかじゃない
僕がとても強く感じる この痛みが
踏みとどまっているからなのなら
僕は間違ってる、そうさ 間違ってる
これもラブソングなんかじゃない
君を想って泣いて 泣き明かした夜もあった
何度も 何度も否定しようとしたんだ
君の愛が僕を狂わせるということを ベイビー
君へと注いだ愛が消え去ったのなら
流した涙の川の長さが足りないのなら
僕は間違ってる、そうさ 間違ってる
これもラブソングなんかじゃない
僕がとても強く感じる この痛みが
踏みとどまっているからなのなら
僕は間違ってる、そうさ 間違ってる
これもラブソングなんかじゃない

 

個人的には、
このアルバム、ジーズデイズは、
ボンジョヴィの数あるアルバムの中で、
一番好きなアルバムです。

 

ジーズデイズ
台湾盤CDの裏ジャケもカッコよくて個人的に好きです。

 

 

 

とにかく、このアルバムは大好きで、

 

中学2年の春に、「音楽を聴きながら勉強するという塾」を紹介してもらって、

 

体験学習で、その塾にお邪魔した際、ジーズデイズのCDを持参し、私は先生に、

 

このジーズデイズのアルバムをかけてほしいと言った覚えがあります。

 

残念ながら、このリクエストには応じてもらませんでした。(笑)

 

インドで撮影された、This Ain’t A Love Songのミュージックビデオも、好きです。

 

Bon Jovi – This Ain’t A Love Song

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA