カルメンマキ&OZ 42年振り! 全国ツアーが間もなく開幕!!

広告

カルメンマキ&OZが再結成!

今年、デビュー45周年を記念した期間限定の再結成となる全国ツアーが、クラブチッタを皮切りに、

札幌、大阪、名古屋、福岡で決定しました。

 

カルメンマキ&OZは、日本のロックを語る上では、外せない、重要バンドです。

 

1969年に、「時には母のない子のように」で、爆発的に知名度を挙げた、カルメンマキ。

 

 

その後、ロックに目覚めた

カルメンマキが、1972年に結成したバンドが、カルメンマキ&OZ

 

カルメン・マキ&OZは1975年に1stアルバムをリリースし、翌76年7月21日にUS録音の2ndアルバム「閉ざされた町」を発表。

グランド・ファンク・レイルロードの来日公演のフロント・アクトを務めるなど、

当時珍しい女性シンガーのロックバンドとして活躍するも

1977年10月18日の新宿厚生年金会館でのライブで惜しまれながら解散。

 

以降、復活を望まれながら実現に至りませんでしたが、

2018年10月に奇跡的に41年振りの単独公演を行い、音楽業界とロック・ファンに衝撃を与えました。

 

2019年の11月にはデビュー45周年を記念した期間限定の再結成となる全国ツアーを発表。

 

 

<カルメンマキ&OZ 45 th Anniversary and the last tour 2019>

11月23日(土・祝) 川崎・CLUB CITTA’
11月24日(日) 川崎・CLUB CITTA’
11月28日(木) 札幌・ZEPP札幌
12月4日(水) 大阪・なんばHatch
12月5日(木) 名古屋・ダイアモンドホール
12月13日(金) 福岡・イムズホール


メンバー:カルメン・マキ(Vo)春日博文(Gt)川上シゲ(Ba)
武田“チャッピー”治(Ds)厚見玲衣(Kb)

 

 

 

2018年10月7日にクラブチッタで行わました、

カルメン・マキ&OZの一夜限り41年振りの単独公演のチケットは、発売と同時に売り切れ。

 

その2時間半を超えるステージは、41年間のブランクを全く感じさせない現役バンドであることを
超満員の観客に改めて認識させ、白熱のパフォーマンスと圧倒的な存在感で往年のマキOZのファンのみならず、
ハード・ロック、プログレッシヴ・ロック・ファンを魅了しました。

 

そんな中、カルメンマキ&OZが、42年振りの全国ツアー発表。

 

私も、

今回の、全国ツアーでまわる、ZEEP SAPPOROでのライブチケットを購入。

 

日本の1970年代のロックを

2019年でも、体感できることを、感謝です。

 

11月28日(木) 札幌・ZEPP札幌 カルメンマキ&OZ The Last Tour 2019

 

 

 

個人的には、「崩壊の前日」をライブでは、大音量で、浴びたいですね。

68歳になった、カルメンマキさんは、今でも、原曲キーで、ロックを歌い切ります。 すごい!

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA