MENU

好きなアーティストに幾らお金出せる? 高額チケットについて考えてみる

2020 4/26
好きなアーティストに幾らお金出せる? 高額チケットについて考えてみる

広告

近年、チケットの値段が高くなっているというのは、皆さん感じていると思います。

何か、ファンである人にとってみれば、高くても、お金を出してしまうというのが本音ではないでしょうか。

このファン心理を逆手に、チケットの転売が問題になりましたね。

実際高くても買ってしまうのですから、うまい商売になっていましたが、最近になって高額な転売での取引は禁止になりましたね。

 

転売がだめでも、元の原価が高いケースがあります。

 

例えば、2007年の、キングオブポップ、マイケルジャクソンの来日の際、

新木場コーストで行われたチケットの価格は40万円でした。

マイケルジャクソン本人のパフォーマンスは無しで、本人との写真撮影が可能なVIPチケット。

40万円ということで、当時メディアでも、大きく取り上げていましたよね。

 

また、アメリカのロックバンドKISSの来日VIPチケットも40万円。

ライブをステージ傍から見れるのと、KISSメンバーと写真撮影、お話したりできるみたいです。

 

因みに私の場合今まで買ったチケットの中で高かったのは、KISSと一緒に写真撮影が可能なVIPチケット15万円を購入したことです。

 

 

高額なのにも、理由がありまして、大物アーティストほど、一緒にツアーで付いて回るスタッフの人数が増えます。

また、最高の状態でパフォーマンスできるよう、機材も高価なものを、海外へ運びます。

輸送費だけで、かなりお金が必要になります。

 

ファンは大好きなアーティストとなるべく近づきたい夢を持っています。

バンド側としては、黒字であるほど、良いわけです。

両者ともwin winの関係を保てる一つとして、高額チケットがあります。

高額な分、ライブの席をなるべく前で見れるよう設定したり等。

 

 

 

日本のアーティストの間では、VIPチケット自体未だあまり定着がないですが、

サザンオールスターズやミスチルのメンバーと写真撮影できるチケットが、仮に50万円という設定だとしても、わたしはすぐに売り切れると思います。

 

あなたなら大好きなアーティストに幾らお金を出せますか?

 

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA