初めての出待ち ファンとも交流できた!

広告

私が初めて出待ちをしたアーティストが、

ボンジョヴィのギタリスト、リッチーサンボラでした。

 

 

2014年夏のこと。

 

私がギターを手にするきっかけを作ってくれた人であり、

 

ずっと憧れであった、リッチーサンボラのライブに行けるなんて、

 

わくわくした気持ちを今でも覚えています。

 

当時住んでいた奈良県から、夜行バスで東京へ。

 

いざ、六本木にあるライブハウスへ。

 

ライブは最高でした。

 

ライブレポートは別記事に載せています。

http://ikkirecords.com/2020/01/11/リッチーサンボラ-ex-theater-roppongi-8-13-2014/

 

 

 

終演後、

 

リッチーサンボラに会いたい気持ちで一杯で、

 

気づけば、リッチーサンボラを乗せた車が出てくるであろう、場所で待っていました。

 

 

 

人生初の出待ち。

 

 

 

その時、一人の男性が僕に話しかけてきました。

 

「リッチーサンボラ待ってるんですか!?」

 

名前はユウキさん。

 

その後、お互いリッチーサンボラの出待ちをしてることが分かり、話が盛り上がった。

 

 

深夜一時くらいまで、リッチーサンボラを待っていました。

 

残念ながら、出待ちは失敗に終わり。

 

その後お互い、

泊まる宿を決めてなかったので、

 

近くで、お酒を飲みながら、朝までオール。

 

バス停の椅子で寝てたら(今考えると、ばかみたい笑)すぐ朝になっていました。

 

何度も言いますが、出待ちは失敗。

 

しかし

 

ユウキさんというリッチーサンボラファンと知り合うことができました。

 

彼はオーストラリアに留学経験があり、最近日本に帰ってきたとの事。

 

オーストラリアに滞在中にリッチーサンボラのライブにいって、ギターにサインをもらったとの事で、写真をみせてもらいました。

 

サインなんて、羨まし過ぎてめちゃくちゃ興奮しました。

 

その後も色々お話ししていく中で、

 

私はリッチーサンボラのサマソニ大阪公演に行く予定だと伝えました。

 

この機会に、ユウキさんにも大阪に行ってリッチーサンボラのライブに行きましょうと誘いました。

 

ユウキさんは、クイーンの大ファンであり、その時のサマソニの大トリはクイーン。

 

東京のサマソニチケットは既に完売。

 

クイーンを見るなら

 

大阪のサマソニチケット購入が一番手っ取り早く

 

ユウキさんもサマソニ大阪に行く事になりました、

 

 

ユウキさんは自分の海外のクレジットカードが使えるか電話で確認したいと言い、

 

海外にあるクレジットカード会社に電話していました。

 

そのとき、ユウキさんは全て英語で電話。

 

その様子を真横で見ていた自分は、ユウキさんが、とてつもなくかっこよく見えました。

 

自分より4つ上の人だけど、自分もこうなりたい。

 

とにかくユウキさんがかっこよかったです。

 

私にとって初めての出待ちは、

 

好きなアーティストに会えるだけではなく、

 

素晴らしいファンにも出会える事もあるのだとが分かりました。

 

広告

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ボンジョヴィリッチーサンボラのインタビュー映像を見ると何故かいつも癒されます(笑)
ヨークシャテリアを飼っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA